TOPページ > 事業内容 > 技術開発部 > 提案製品

提案製品ヘッダー

ガードケーブル用間隔保持材


 ガードケーブル用間隔保持材とは

ガードケーブルとは車両衝突時の衝撃をケ-ブルの引張りと支柱の変形で吸収する防護柵です。
間隔保持材は、このガードケーブルの柵面に設置することで、全ての本数のワイヤロープに衝突の負荷を分散させることができ、安全性をより高めることができます。

ガードケーブル用間隔保持材

 ガードケーブル用間隔保持材の特徴

超高輝度マイクロプリズム反射シートによって夜間の安全もサポート

当社では世界最高レベルの反射性能を誇る超高輝度マイクロプリズム反射シートを貼ることで、車両衝突時の衝撃吸収に加え、視線誘導性の向上、ガードケーブル全体の視認性の向上を図り、更に安全性の高いガードケーブル用間隔保持材を提供しています。

超高輝度マイクロプリズム反射シートはここが凄い!

・ガラスビーズカプセルタイプと比べ、約3倍以上の優れた反射性能を発揮
・昼間は景観に溶け込み、夜間はプリズム反射方式により最高の反射性能を実現
・衝撃に強くて割れにくく、雨天等の悪天候にも変わらぬ高い反射性能を保持


 設置前後の比較

ガードケーブル用間隔保持材(超高輝度マイクロプリズム反射シート付)の
設置前と設置後の変化を動画でご覧下さい。

 製品仕様

ガードケーブル用間隔保持材

ガードケーブル用間隔保持材図面

超高輝度マイクロプリズム反射シート
構 造  単層構造
基材素子  ポリエステル
反射素子  マイクロプリズム(超微細)
材 質  ポリエステルシート
裏 面  アクリル系粘着材
サイズ  90×95mm
カラー  シルバー

 資料ダウンロード

ガードケーブル用間隔保持材資料


※ダウンロードにはIDとパスワードが必要です。
IDとパスワードの申請はメールフォームからお問合せください。

資料ダウンロード ID・パスワード申請

お問い合わせは東日本技建㈱ 技術開発部まで
TEL:022-252-0222

お問合せフォーム